プロフィール

▶院長プロフィール  ▶副院長プロフィール  ▶診療方針/ポリシー

院長プロフィール

shiiki氏名:椎木 雅和(しいき まさかず)
生年月日:1964年7月12日

略歴
早稲田大学卒
日本歯科大学卒
東邦大学医学部大学院卒(医学博士)

埼玉県歯科医師会理事(学術)
財団法人日本健康文化振興会 指定歯科健診医療機関
FDDP「短期型DNA採取保管」提携医療機関

大正14年 亡祖父:嶋吉が椎木歯科を開設
昭和42年 父:純一が継承
平成20年 父より継承

所属団体、学会・研究会
日本歯科医師会 会員
特定非営利活動法人日本咬合学会 常任理事・専門医
一般社団法人日本健康医療学会 評議委員
日本アンチエイジング歯科学会 会員

研究・学会発表論文・業績など
原著論文:口腔手術に対する循環動態変化に関する研究(学位受領 医学博士)
2007年12回学術大会(都市センターホテル)
「丸山咬合療法に取り組む必要性」
2008年13回学術大会(ホテルニューオータニ大阪)
1)「現代医学では治療困難とされる症状が顎偏位矯正治療により改善・消失」
2)「顎偏位矯正治療による全身健康獲得後の難症例の咬合の設計」
   -下顎の3次元的偏位・臼歯部のクロスバイト・歯列狭窄など-
2009年14回学術大会(アクロス福岡)
「舌偏位を伴う全身症状の顎位是正治療とインプラント補綴」
2010年第二回認定セミナー
「いかにして丸山咬合医療を導入するか」
2011年第一回認定セミナー
1)「正しく咬まないとどんな事が起きるのか?」
2)「どんな不定愁訴が治るの?」
2012年第15回学術大会(都市センターホテル)
 「私達の歯科医院における丸山咬合医療の取り組み方」
2013年第16回学術大会(東京国際フォーラム)
臨床実学シンポジウム「歯科医療にいかに新しい咬合理論を活かすか」-インプラント-

 

副院長プロフィール

副院長:椎木 智子(しいき ともこ)

略歴
明海大学歯学部卒
東邦大学医学部付属大森病院歯科口腔外科助手

所属団体、学会・研究会
椎木歯科医院副院長
日本歯科医師会 会員
日本咬合臨床研究所 銀座センター勤務医
特定非営利活動法人日本咬合学会 常任理事・専門医
志木市学校保健理事

 

診療方針/ポリシー

当院における診療方針/ポリシー
1.当院は、開業が大正14年と約90年続くこの地域で最も古い歯科医院です。そのため長年にわたり通院されている患者さんが多数おり、地域に根ざした社会貢献をしており、現在に至っております。
2.患者さんとのコニュニケーションを第一に考えております。
3.お口の健康は、身体の健康と密接に関係しているため、細心の注意をはかり治療方針・治療を行っております。

セールスポイント
1.常勤の歯科医師が2名います。そのためセカンドオピニオンを含めた患者さんが訴えたい事・希望を話してもらい、出来るだけわかりやすく納得のいく治療方針・治療内容を説明することが他の医院より可能です。
2.国家資格を有する歯科衛生士が常勤しております。患者さんのお口の健康を細部にわたり注意をはらい、定期的の検診を受けることができます。